ドメインパワーとはサイトのブランド力のことだ

ブログを書く ブログ運営情報

Googleの検索で上位表示される要素のひとつにドメインパワーがあります。

Googleがドメインパワーという指標を使っているというわけではありませんが、ほとんどの人がドメインの強さによって表示順位が変わることを実感しています。

そこで、なぜドメインの強さが検索結果に影響するのか考えてみました。

Googleは記事を完全に評価できない

検索エンジンは、検索した人が望んでいる記事を表示するのが目的です。

どんなドメインから投稿されたかは関係なく、その人にとって有益な記事を上位に表示したいのです。

有名なサイトの記事より、名もないサイトの記事の方が有益なら、そちらを上位に表示させるのが理想なのですが、残念ながらGoogleはそこまで記事の内容を理解できません。

人間の反応を参考にするしかない

自分で理解できないのなら、人間の手を借りるしかありません。

実際にその記事を読んだ人の反応を見て判断するのです。

「読者がリンクした」
「SNSで拡散した」
「記事をじっくり読んだ」

手に入る情報を総動員して、反応の良し悪しを判断しているはずです。

Googleが避けたいこと

Googleにとって一番避けたいのは、役に立たない記事を上位表示させてしまうことです。

そうなると「Google使えねえ」と思われてしまうからです。

上位にそれなりに有用な記事が表示されていれば、大きな問題はありません。

よく探せば、10ページ目にもっといい記事があったとしても、「Google使えねえ」とはなりません。

ですから安全な方法を採ろうとするのが普通です。

人の反応が確認できい記事は、良し悪しを判断できないので上位に表示せずにおいて、評価が定まるにつれて少しずつ順位を上げていくということです。

時間短縮のために信用を利用する

でも、この方法の場合、評価が定まるまでに時間がかかり過ぎます。

放置したらブログアクセスは減る? 33記事で2年放置したブログの例」という記事で、自然に評価が高まるのに2年かかった例を示しましたが、こんなに時間がかかるのは問題です。

ですから人の反応を確認できていないとしても「有用な記事だろう」と予測できるのであれば、ある程度上位に表示させるはずです。

「このサイトの記事なら大丈夫だろう」

という信頼のあるサイトの記事は、初めから高い順位で表示させるようになっていると思われます。

もちろん、読者の反応が悪ければ順位は下がっていくはずです。

ブランドの力

「ドメインパワー=ブランド力」と考えるとわかりやすいでしょう。

「こんなバッグが欲しいんだけど」
「なら、これがおすすめですよ」

といった具合に、お客さんにおすすめ商品を紹介する仕事をしているとします。

自分が薦めたバッグが粗悪品や不良品なら信用がガタ落ちです。信頼できる製品だけを紹介することを考えて仕事をするでしょう。

でも、実際に製品を手に取って確認することはできず、カタログしか手に入らない場合どうするでしょうか。

カタログを見ただけで粗悪品と分かるものは除外です。

カタログは合格でも、作りの丁寧さ、質感、使い勝手まではわかりません。

ですから、実際に使った人の反応がいいバッグを薦めることになります。

発売されたばかりで消費者の反応がまだわからないバッグは、簡単に薦めることはできません。

特に、知らないメーカーの新作バッグや、初めてバッグを作った会社の商品は慎重に扱うでしょう。

でも、いつも良い商品を出してくる高級ブランドなら、新作バッグも大丈夫だろうという判断ができます。

このブランド力が、ドメインパワーに相当するのです。

新規ブランドは相手にしてもらえない?

新規ドメインでブログを始めても、最初の数か月はほとんど検索結果に表示されません。

まだブランドとして認めてもらえないのです。

全然使えない粗悪品を売りつける悪徳メーカーかもしれない、と警戒されているようなものです。

でも普通にブログを続けていると、そのうち検索に表示されるようになります。

出来の良し悪しは別として、一応バッグとして使えるものを作っているメーカーだ(悪徳メーカーではない)という評価がもらえるのです。

もし、これからブログを始めようと思っている人がいたら、この段階までは我慢して続けてください。

そこがスタートラインですから。