ブログのドメインオーソリティーを新リンクエクスプローラーで見てみよう

ドメイン ブログ運営

ドメインオーソリティーって知っていますか?

ドメインの強さをあらわしているもので、ドメインオーソリティーが高いほど「検索エンジンからの評価が高いんじゃないかな?」という指標です。

独自ドメインでブログをやっている人は、ドメインオーソリティーを見てみてはいかがでしょう。

ドメインオーソリティーとは?

ドメインオーソリティ(DA)は、そのWebサイトが検索エンジンでの順位においてどの程度良く評価されるかを表す指標の1つ。SEOmozが提唱する用語。PageRankは各ページ(URL)に対するものだが、ドメインオーソリティはドメイン名に対する評価。
外部リンクの数、リンクの価値、リンクの信頼性、リンク元ドメイン名のバリエーション数、リンク元サイトのIPアドレスブロックのバリエーションなど、150以上のシグナルをもとに計算されており、その計算はグーグルのアルゴリズムを参考にしている。

Web担当者Forum|ドメインオーソリティ とは 意味/解説/説明より

ドメインオーソリティーは、アメリカの超大手SEOサービス会社MOZが提唱している指標です。

ドメインの強さ(ドメインパワー)が高いと、検索エンジンでの表示順位が高くなると言われていますが、そのドメインパワーを示す参考値と思えばいいでしょう。

実際にGoogleでのアルゴリズムに使われているわけではありません。

ただ「その道の専門家が指標として公開している」ものなので、指標にはなると思います。

ドメインオーソリティーの確認(MOZサイト)

ドメインオーソリティーは、MOZのオープンサイトエクスプローラーリンクエクスプローラーのページで確認できます。

以下リンクエクスプローラーで説明します(オープンサイトエクスプローラーはもうすぐ終了するようなので)。

最初に登録が必要ですが、無料でも1か月に10回は利用できるようです。

下がリンクエクスプローラーの画面。

リンクエクスプローラー

使い方は簡単。

検索窓にドメイン名を入れてサーチボタンをクリックするだけです。

すると下記のような画面が表示されます。

ドメインオーソリティー

一番左に出てくるのがドメインオーソリティー(Domain Authority)です。

100が一番ドメインが強くなります。

「Linking Domains」はリンクされているドメイン数、「Inbound Links」は被リンク数です。

リンクエクスプローラーメニュー画面左のメニューを選ぶと更に詳しい情報(有料でなければ表示されないものもあり)を見ることができます。

例として、下から「SpamScore」を開いてみましょう。

スパムスコア(SpamScore)とは、Googleの禁止事項やペナルティーに相当する指標で、数値が大きいほど危ないことを表しています(オープンサイトエクスプローラーでは17段階でしたが、リンクエクスプローラーではパーセント表示になっています)。

 

shinblogドメインオーソリティ

グラフは、このドメインにリンクしているサイトのスパムスコアです。

横軸がスパムスコアで、右にいくほど危ないサイトからのリンクということになります。

縦軸はリンクしているドメインの数で、危ないドメインからどのくらいリンクされているのかが分かります。

ドメインオーソリティーの確認(MozBar)

ドメインオーソリティーを見るだけなら、Chromeの拡張機能として提供されているMozBarを利用するのが簡単です。

MozBar”からインストールするだけで、

MozBar

こんな感じのツールバーで、PA(ページオーソリティー:ページの強さ)、DA(ドメインオーソリティー)、SpamScoreが表示されます。

MozBarを表示させたまま、色々なサイトをまわってドメインオーソリティーを確認していくのも楽しいものです。

ドメインパワーの上がり方とドメインオーソリティー

ブログ開設して間もないときに、サーチコンソールを確認していると「ドメインパワーが上がったな」と思うことがあります。

一段ずつステップを上がるように、表示回数や平均検索順位がアップしているときです。

そのタイミングとドメインオーソリティーが上がるタイミングは合ってはいません。

GoogleとMOZで、被リンクを検知するタイミングも違うので当然ですね。

私の感覚では、ドメインが強くなったと感じる方が先のような気がします。

「ドメインオーソリティーが上がったから、そろそろアクセスが増えるかな?」

なんて期待するような使い方はできないようです。